買取ボブの買取率が【変動】する理由と最高値で取引する作戦

 

この記事では買取ボブの買取率「変動」について解説しています。

これから買取ボブを利用してお手持ちのAmazonギフト券やiTunesカード、Google Playギフトを換金したい方に大切なお知らせです。

買取ボブのギフト券換金時のレート「買取率」は実は常に一定ではありません。買取ボブの買取率は変動します。「変動する」ということは、買取率が低いときと高いときがあるということです。

もし買取率が高いときに売れたら最高ですよね

そこで今回解説するのが、買取ボブの買取率の変動の仕組みと買取のタイミングについての考察です。

みなさんの大切なギフトカードを1円でも多く換金するために必要な内容を解説していきますので、必ず確認しておきましょう。

買取ボブで買取率の高みを目指そう!

買取ボブの買取率は変動する

出典買取ボブ「現在の買取率」より買取率の表示

買取ボブの買取率は変動しますが、もちろん公式もこの変動の発生を公表しています。

こんにちは、ボブです。
アマゾンギフト券のレートは日々変動しており、月間おおよその変動幅は現在10%位でございます。

引用買取ボブコラム「アマゾンギフト券の買取率は変動します!」2016年6月13日

これは買取ボブでAmazonギフト券の買取を依頼する時の例ですが、体感的に他のギフト券でも同様に10%前後の買取率の変動がみられます。

なぜ買取率の変動が起きるのか

理由として最も考えやすいのは、需要と供給の影響です。

需要が高まり、ギフト券の購入が進めば「ギフト券販売(買取)サイト」の在庫から安価なものから買われていき、最終的に在庫には高値のギフト券が残ります。ゆえに次第にギフト券の相場が高くなっていくのです。

このような時はギフト券買取サイト側も利用者のニーズに答えて品薄状態でも供給に追いつこうと、必死に相場で高くなっているギフト券を高値で買い集め、在庫を確保しようとします。

逆に需要が減り、ギフト券買取サイトが大量に在庫を抱えている供給増状態になるとどうなるでしょうか。

こうした状態では、少ない購入希望者がなるべく安いギフト券を購入しようとなるべく安いものから購入しようとしますので、高いギフト券は売れません

買取ボブのようなギフト券買取サイトは買い集めた在庫を裁く必要がありますので、どんどん値下げしなければ在庫を消化できなくなります。こうしてギフト券1枚の値段が下がっていくのです。

値段の下落と同様に、買取率も下がっていきます。

このように需要と供給によって変動が発生している、というのが最も考えやすい買取率変動の理由です。

それではなぜ買取ボブでは買取率が変動するのか。

それは買取ボブの需要と供給(買取ボブのギフト券の在庫の増減)に関係しているため

ということになります。

買取ボブでは「月間おおよその変動幅は現在10%」と紹介していたね。

 

買取ボブに不安を感じているなら、現金化サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

換金率は80%程度と少し劣りますが、Amazonギフト券を購入したり、ギフト券情報を送ったりする手間もなく、着金までの時間も早いので、選択肢としてはアリだと思います!

 

他に買取率が「変わる」パターンが3つある

買取ボブの買取率は在庫状況に応じて1ヶ月10%前後の変動幅があると考えられますが、この買取率はこうした在庫状況などとは関係なく買取率が変わる場合が3パターンあります

パターン1:「新規」と「リピーター」の買取率

買取ボブでは「新規(初回)」と「リピーター(2回目以降)」で買取率が2~3%程度異なります。新規で(買取ボブのギフト券買取が初回の場合)買取を依頼する場合、買取率は高くなります。

買取ボブを頻繁に利用するリピーターの場合は買取率が下がっていきますので、初回の時のように高レートで買取を依頼することはできません。この点は留意しておきましょう。

パターン2:「クーポン」を利用した際の買取率

買取申込み画面を確認すると「クーポン」を記入する項目が存在します。こちらの記載項目は利用したことはなく、買取ボブ上でこちらの項目について詳細な言及がないので用途は不明ですが、ただし書きから察するに買取率に関係することが分かります。

出典買取ボブ「買取申込み」画面より「クーポンコード」

このように買取ボブの買取申込みに「クーポンコード」を記載する項目があります。リピーター様限定との記載があるクーポンコード「202020」を記入すると買取率が高くなるもの、と考えられます。

記載してもしなくても買取はできますので、どうせならばただし書きの指示通りにクーポンコードを記載してみましょう。

パターン3:「特別割り増しレート」

こちらは2020年8月13日現時点の情報ですが「特別割り増しレート」と呼ばれる制度が存在し、一定の額面に限り、普段よりも割り増しの買取率で高く買い取ってくれるギフト券があります。現時点では、

  • iTunesギフト
  • GooglePlayギフト

の2つを「特別レート」で買取に応じるとされていますが、この割り増しレートは終了する可能性もあるので注意しましょう。

買取ボブの買取率は「いつ」高くなる?タイミングを真剣に考える

前章では買取ボブの買取率は需要と供給に応じて変動することが分かりました。

買取率が高くなるのは需要と供給を考えて「需要」が高くなり「供給」が減る買取ボブ側の在庫が減るときでしたね。または利用者がギフト券を購入する動きが強くなり、買取ボブでは品薄状態が続いている時と言えます。

しかし、そのような品薄状態はいつ来るのでしょうか。筆者は以下のように考えます。

  • 各種ギフト券を「利用したい」と思う方が増える時期
  • 他のギフト券販売サイトで「割引率」が普段よりも低くなり、消費者がギフト券を「安いなら買いたい」と思う時期

市場原理を考えれば上記2つのタイミングでギフト券の買取のレートが高くなるものと思われます。

タイミング1:各種ギフト券を「利用したい」と思う方が増える時期

Amazonギフト券の例で考えてみます。

Amazonギフト券の需要が高まり、買取率が高くなる時期は「みんながAmazonを利用したい」と思う時期と考えられます。そこでAmazonの利用者はどのような時期に増えるか考えてみます。

日本の場合は給料日が月の下旬である25日であるケースが圧倒的に多く、一般的には月の中旬頃、給料日前には消費が抑えられ、給料日後である下旬~翌月上旬にかけて消費が増えるものと考えられています。

こういった時期にAmazonの利用者が増えると考えれば、月の上旬と下旬にはAmazonギフト券の需要が高まると同時に買取率が高まり、中旬には買取率が下落するものと思われます。

もちろん状況によるので必ずしもそのような法則に当てはまるとは限らないよ。

またAmazonギフト券は文字通り「ギフト券」ですので「贈答品」としての価値があります。そのため、贈り物として利用する時期に増えるものと思われます。1年でどのくらい贈り物を贈る機会があるか見てみましょう。

  • 1月:お正月、成人式
  • 2月:バレンタインデー
  • 3月:ホワイトデー
  • 4月:入学式、入社式
  • 5月:ゴールデンウィーク、母の日
  • 6月:父の日
  • 7月:七夕、夏休み
  • 8月:お盆
  • 9月:敬老の日、お中元
  • 10月:ハロウィン
  • 11月:文化の日、勤労感謝の日
  • 12月:クリスマス、大晦日、お歳暮

商品券のような金券類であれば、贈答品の需要が増える9月や12月に需要が高まるとされています。これを考慮すれば、9月や12月にはAmazonギフト券も消費が進み、需要が高まるものと考えられます。

その他、1月、4月~6月にある成人式や入学式、入社式の祝いの他、父の日や母の日のプレゼントとしてAmazonギフト券をプレゼントするケースも散見されます。

このような時期にもAmazonギフト券の需要が高まるものと考えられるでしょう。

タイミング2:ギフト券「販売」サイトで「割引率」が普段よりも低い

買取率が高くなる傾向を見せるときは市場に流通しているギフト券の量が減少する傾向となり「割引率」が低くなります。この割引率が高いままだと購入者が増え、ただでさえ少ない在庫がさらに減ってしまうためです。

逆に業者側の在庫が多いときは割引率を高くして在庫を減らそうとするよね。

割引率はギフト券額面の2%~10%とされ、10%を超えるような場合は業者側の在庫が多く、割引率が1ケタしかない場合は在庫がないと考えることができます。

割引率が低いときに在庫が少ないと判断可能であり、こうしたタイミングで買取率が高くなると考えられます

しかし、買取ボブはギフト券の「買取」を専門とするサイトですのでこの割引率を確認することができません。

そこでギフト券の「販売」も専門とする「Giftissue」「amaten」「Amagift」にアクセスし、定期的に割引率を確認しておきましょう。

【ここまでの整理】売るベストタイミングがあるとしたら・・・

ここまで買取率が高くなるタイミングを考察してきましたが、売るベストタイミングがあるとすれば以下のタイミングでしょう。

  • 1月、4月~6月、9月、12月
  • 月の下旬と上旬
  • 割引率が普段と比べて低い

これらを考慮し、1月、4月~6月、9月、12月の下旬または上旬で、なおかつ買取ボブ以外のギフト券「販売」専門サイトの割引率が普段と比べて低い時に買取率が高くなるものと推察されます。

ただし、上記と関係なく買取ボブの買取率は変動することも多いです。そのため、日頃から買取ボブにアクセスし、買取率を確認するクセを付ける必要はあります。

買取率は80~90%で推移しているので高みを目指しても良いけど、下落する可能性もあるので深追いは禁物!売り時と少しでも思ったらすぐ売ろう。

買取ボブを利用する際に注意したい「トラブル」について

ここまで買取ボブの買取率の変動について解説してきましたが、買取ボブを利用する際には以下のような「トラブル」への注意が必要です。

  • 『使用済みだから返金して欲しい』と連絡
  • 『買い取りできない』と連絡
  • 入金されない
  • 海外版は買取できない
  • 入力エラー

トラブル報告自体は想定される利用者数に比べれば微々たるものですが、ネット上では上記に関する報告がそれぞれ複数件存在するので無視はできません。

以下の記事を参考にトラブルの内容と対処方法を事前に確認しておきましょう。

安定した買取率で現金が欲しいなら最初から「クレジットカード現金化」

買取ボブでの買取率は10%前後の「変動幅」があり、常に一定ではないので買取ボブ上でよく確認しておく必要があることはわかりましたね。

しかしながら、安定したレートで現金に換金できない、という不安感もあるのではないでしょうか需要と供給に関係なく、一定のレートで現金が準備できる方法があれば知っておきたいですよね。

そこでおすすめなのが「クレジットカード現金化サービス」です。

このサービスを使えば毎月余ったショッピング枠を換金し、現金を準備することができます。手続きはネット上で完結し、現金の振込を待つだけなので「公式サイト上で変動幅を見張る」といった手間はありません

一定のレートで現金を準備したいなら、安定の現金化サービスを使っていこう。

スピードワン

とにかく入金が早い!買取ボブで長時間待たされるぐらいなら、スピードワン即現金化!
Amazonギフト券を購入したり、ギフト券情報を送ったりする手間もなし。買取ボブのようなトラブルもなし。
手軽に簡単スムーズ、スピーディーに現金を手にできるサービス。換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
買取ボブと比較すると下がりますが、この便利さと引き換えなら納得。
スピードワンが使っているカード決済は、日本の中でも有数な決済代行会社なので、カード利用停止の心配もなし。
早さと安心でいったら、スピードワン一択。買取ボブの利用を悩んでいる方、こちらの方が早くて安心です!

エーキャッシュ

80%の固定換金率のエーキャッシュ。金額等に関係なく80%で換金!
現金化サービスが怖いのは、利用してみないと実際の入金額が分からないこと。サイトでは「98%!」とかあり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多いのがクレジットカード現金化の世界。
そんな中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
買取ボブであるトラブル等は一切なしの安心感。そして換金率80%。
アマギフ購入の手間とトラブルリスクを抱えるぐらいなら、エーキャッシュで簡単安心現金化!

まとめ

買取ボブでは需要と供給の変化により「ギフト券の買取率が変わる」とされています。そのため、日頃から買取率を確認しておき、ベストタイミングを見計らってギフト券を換金することを意識しましょう。

もちろん高値を深追いすれば下落の可能性もあるのである程度踏ん切りも必要です。85%程度であれば普段と比べて「買取率は高い」と言えますので下落する前に換金してしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました